クラミジア検査を勧める女性

クラミジアは感染者の数が多いことで知られていますが、感染していても自覚していない人も多いのが実情です。そのために懸念があるならクラミジア検査を受けることをお勧めします。

梅毒やクラミジア検査と点滴治療について

性行為をした場合に、もしも相手がなんらかの細菌に感染していると、容易にその細菌がうつってしまい、感染症にかかってしまうことがあるものです。こうした経路をたどって感染する病気のことを、一般には性感染症や性病などと呼んでいますが、ひとつの病気だけではなく、複数の病気に感染することがあることから、検査も入念に行わなければなりません。性感染症のなかでも、比較的多くみられるものとしては、性器クラミジア感染症があります。これは細菌のなかでもやや特殊なつくりをもつクラミジアに感染することによって引き起こされる病気ですが、実はなかなか症状らしいものが出ない場合もあって、かえって発見がむずかしいところがあります。症状があった場合ですが、性器からの分泌物、おりものなどが増えるといったことが多く、女性の場合は下腹部痛や不正出血をとみなうこともあります。このような場合には、クラミジア検査を受けて、抗生物質などを処方してもらうのがよいといえます。クラミジア検査は、一般的な尿検査や血液検査とそれほどかわりがありません。抗生物質については錠剤タイプのものを一度だけ服用するといった程度ですむことが多いようです。いっぽう、梅毒のような性感染症は、かつては不治の病ともいわれたものですが、現在では適切な治療により改善する見込みがあるものです。梅毒にかかった場合、はじめはしこりのようなものができ、しだいに赤いあざのようになったり、最終的に皮膚の一部が欠損したりすることがあります。梅毒はたしかにふつうの性感染症とは違ってしつこい性質をもっていますので、同じ抗生物質でもペニシリン系のものを点滴のようなかたちで直接投与するのがふつうです。