クラミジア検査を勧める女性

クラミジアは感染者の数が多いことで知られていますが、感染していても自覚していない人も多いのが実情です。そのために懸念があるならクラミジア検査を受けることをお勧めします。

性感染症による発熱とクラミジア検査によるチェック

異性との性行為によって相手から感染するおそれのある病気のことを、一般に性感染症とひとくくりにしていますが、そのなかでも、性器クラミジア感染症、あるいは咽頭クラミジア感染症というのは、比較的感染する可能性の高いものとなっています。これらの病気は、実は感染しても特に症状が出ないことが多いというところから、本人が気がつかないあいだに相手に感染させてしまうことが懸念される性感染症であるともいえます。もしも性器クラミジア感染症にかかった場合、男性であれば尿道から膿が出る、排尿のときに痛むといった症状が、女性であれば、おりものが増加する、性交痛がある、不正出血があるといった症状が起こる可能性があります。咽頭クラミジア感染症のほうは、オーラルセックスなどによって、咽の粘膜にクラミジアが感染してしまったもので、発熱、咽の腫れといった症状が一般にみられるため、単なるかぜと誤解しやすいという特徴をもっています。こうしたクラミジアの感染症が疑われるときには、クラミジア検査によって、本当にクラミジアに感染しているか否かをチェックするのがよいといえます。クラミジア検査の方法にもいくつかのものがありますが、尿のなかに含まれているクラミジアの遺伝子を検出したり、あるいは分泌物や血液に含まれているクラミジアに対する抗体を確認したりといった方法がとられます。いずれも検体の採取はすぐに終わりますので、検査の結果、陽性の反応が出た場合には、抗生物質などを服用することによって、クラミジアを体内から退治するという流れになります。いずれにしても、症状が軽いからといって放置するのは厳禁であり、より症状の悪化をまねくおそれがありますので、適切な検査と治療を早めに受けるべきといえます。