クラミジア検査を勧める女性

クラミジアは感染者の数が多いことで知られていますが、感染していても自覚していない人も多いのが実情です。そのために懸念があるならクラミジア検査を受けることをお勧めします。

クラミジア検査と大隆起変の危険性について

大隆起変は胃の検査をしたときに、ポリープのような影がある場合に診断されます。多くの場合は、レントゲンの検査をした時に撮された影ですが、良性ポリープであることもあります。悪性ポリープである可能性は非常に低いとされていますが、精密検査をしてどのような種類のポリープなのか確認する必要があります。危険性はあまり高くないとされているので、あまり深刻に考える必要はありませんが、ヘルペスや梅毒などの治療で用いる薬を服用することで、悪化する恐れがあるので、医師と相談をして投与する薬を変更するなどの対処が必要になります。梅毒に関しては耐性菌が増えているので、日本でも患者が増えつつありますが、衛生環境が整っていない開発途上国などの場合は、実際には梅毒に感染していても診察を受けられない患者も多いので、梅毒患者の正確な数は把握することができません。アメリカではスーパー耐性菌が発生しているので、抗生物質が全く効かない可能性もありますが、日本ではまだ発見されていないので深刻な状況にはなっていません。クラミジア検査は3千円程度で受けることができるので、不特定多数のパートナーがいる場合には、定期的に検査をすると、クラミジアの感染を初期の段階で治療することができます。クラミジアは梅毒などに比べると感染力が低いので、あまり深刻に受け止められませんが、女性の場合は子宮にまでクラミジア菌が侵入してしまうと炎症を起こして、強い腹痛を起こすこともあります。男性の場合は、ペニスがあるので、排尿時に細菌が排出されるのですが、免疫力が低下している高齢者の場合は、感染するリスクが高まります。過去には抗生物質を服用するだけで簡単に治るという認識でしたが、耐性菌が多くなっているので、重篤な症状が出ることも多くなっています。