クラミジア検査を勧める女性

クラミジアは感染者の数が多いことで知られていますが、感染していても自覚していない人も多いのが実情です。そのために懸念があるならクラミジア検査を受けることをお勧めします。

オーラルセックスでペニスに感染はクラミジア検査

性感染症には梅毒や淋病といった古くから恐れられているものがありますが、最近多くの若者が感染しているものにクラミジアがあります。
感染してもあまり顕著な症状がないため気づかないままでいる人が多くいます。
そのため知らぬうちに感染源となり、多くの人に感染させている恐れもあります。
粘膜を介して感染するためセックスをした場合にはペニスから膣内へ、または膣内にあるものがペニスの尿道に入り込むことがあります。
直接接触しなければ問題ないためコンドームを使用することで防ぐことができます。
ただし、粘膜間で感染するためオーラルセックスをすると咽頭にもつく可能性があります。
ペニスの先端が喉の粘膜に着いた時、膣内の原因菌が男性の舌を介して喉の粘膜につくことも考えられます。
このような咽頭にクラミジアがある場合、ディープキスによっても感染します。
また、逆に咽頭からペニスへ感染することも十分に考えられます。
だからオーラルセックスしかしてないから大丈夫と思っていても安心できません。
特に自覚症状があるわけではないので、疑わしい相手と性交をした場合、たとえオーラルセックスだけでも念のためクラミジア検査を受けておいた方がいいでしょう。
検査キットをネットで注文し、自宅で行うことができます。
男性なら尿、女性なら膣内の粘膜を採取して検査キットを送付すれば数日後にはネットで結果を見ることができます。
もし感染しているようなら医療機関で抗生物質などの対応をする必要があります。
治療をせずに放置しておくと体内の奥に進行し、重篤な症状に悩まされることになります。
また知らぬうちに感染源となっているかもしれません。
まずは自宅でクラミジア検査をして確認しましょう。